NPO法人 気張る!ふるさと丹後町が京都府京丹後市で運行する 「ささえ合い交通」が 1 周年を迎えました

NPO法人 「気張る!ふるさと丹後町」が運行する「ささえ合い交通」は、 Uber のアプリベースの ICT システムを活用した「公共交通空白地有償運送」として 、2017 年 5 月 26 日に運行開始してから 1 周年を迎えました。

「ささえ合い交通」は、京都府京丹後市丹後町という人口 5,392 人*で、そのうち 65 歳以上の高齢者が 4 割以上 の地域で運行しています。過疎化による人口減少により、公共交通サービスの継続が十分にできなくなり、そのため利便性の高い交通手段として地域の方々の足となるべく運行しています。テクノロジーを活用して地元の住民が既に保有する自家用車(マイカー)を有効活用することにより、新たな財源を投入する必要がなく、また地域住民が空いた時間に自らドライバーとして参加することにより、持続可能なサービスの確立を目指しています。

トラックドライバーにとって公平な環境を提供する Uber Freight、米国にて始動

Uber Freight は、運送会社と運送貨物をマッチングするアプリです。これによって、ドライバーにとって最も大きなストレスとなっている、荷物の検索と予約を勘に頼る必要は無くなります。これまで数時間もかけて何度も電話していた配送手配が、ボタンをタップするだけでできるようになります。

評価制度のアップデートについて

Uberでは、乗客とドライバーによる双方への評価を実施しています。これまでの5つ星の評価制度は、ユーザーの皆様にとって、より良いサービスの提供を支えてきました。しかし、ドライバーの方々からは、評価システムをより公平にするために、もっと多くのことに対応してもらいたいという意見がありました。このフィードバックを受け、この度、評価制度において2つのアップデートを実施しました。どちらも4月26日より全世界で順次展開されています。

インスタントペイ:一年間の施行を経て

自分のスケジュールに合わせて収入を得ることができる柔軟性は、Uber のドライバーパートナーにとって大きな魅力です。さらにその収入をいつでも引き出せる柔軟性を持たせることも必要と考え、約一年前にスタートしたのが「インスタントペイ」です。「インスタントペイ」は、いつでも、どこでも、ボタンを押すだけで簡単に Uber で稼いだお金を引き出すことができる便利な機能です。

トロントから変える交通の未来

この度、 Uber はトロント大学の准教授であり、機械知覚および人工知能の分野における世界有数の研究者の 1 人である、Raquel Urtasun (ラケル・ウルタスン)を Uber に迎えることとなりました。

垂直離着陸機(VTOL)ネットワークの構築に向けて

Uber は、Uber Elevate Summit (2017 年 4 月 25 日から 27 日に米国テキサス・ダラスで開催)において、昨今急成長する都市の航空エコシステムを取り巻く主要企業および関連団体と、一連の提携を結んだことを発表しました。これにより、将来的には顧客がボタンひとつで都市内およびその周辺地域を高速で飛行移動ができる、新しいオンデマンド VTOL (Vertical Take-Off and Landing:垂直離着陸機)ネットワークの構築を目指します。この Elevate 構想における Uber の新たなパートナーとして、不動産企業をはじめ、航空機メーカー、電気自動車の充電器メーカー、自治体などが参加します。

いよいよゴールデンウィーク!海外旅行で役立つUber活用術

ゴールデンウィークが近づいてきました。この時期を海外で過ごされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。海外旅行では、言葉がわからなかったり、道が不案内だったりと移動自体が大きなストレスになることがあります。そのような移動のストレスを軽減したい方は、Uber を試してみてはいかがでしょうか。世界74か国450都市以上でご利用いただけるUberは、日本語で行き先と出発地点を指定して依頼ボタンを押せば、すぐに車が迎えに来て目的地に連れて行ってくれます。海外旅行の移動にぜひご利用ください。

UberEATS: テクノロジーでより信頼性の高いサービスを

Uber では 1 年ほど前に、ボタンをタップするだけで料理をお届けするアプリの提供を開始しました。当時、約 1,000 店のレストランパートナーとともに、4 つの都市でUberEATS によるフードデリバリーを始め、現在では、ハワイ料理からイタリアンなど、世界で4万以上のレストランが UberEATS でお客様に料理を提供しています。

レストランコミュニティの成長に伴い、選択肢が増え、その種類も多様になっています。Uber では、UberEATS が引き続き簡単で、信頼できるサービスであり続けるために、様々な機能を開発しています。

テクノロジーを活用した次世代フードデリバリー UberEATS、サービスエリアを伝統と革新の街 銀座に拡張

Uber のテクノロジーを活用したフードデリバリーサービス「UberEATS (読み方:ウーバーイーツ)」 はこの度、サービスエリアを拡張し、伝統と革新の街 銀座に加え、丸の内・日本橋・京橋などのエリアを追加します。これにより、サービス開始時から提供エリアは約 4 倍以上となり、都内 9 区(渋谷区・港区・千代田区・中央区・新宿区・目黒区・品川区・世田谷区・中野区)の一部地域よりご注文いただけます。また、レストラン・パートナーは 500 店舗以上となり、明治 32 年(1899 年)創業の蕎麦屋「築地 さらしなの里」や創業 70 周年を迎える元祖カツカレー発祥として有名な洋食店「銀座 スイス」などといった、人気の高い老舗レストランの料理もご注文が可能になりました。

なお、これを記念して、対象エリアを配達先に指定されたご注文に対し、配送手数料が無料になる銀座エリア拡張特別キャンペーン「UberEATS meets GINZA キャンペーン」を実施します。

脆弱性報奨金制度(バグ・バウンティ)が1周年を迎えました

Uberでは数年間の非公開プログラムを経て、1年前に脆弱性報奨金制度を立ち上げました。脆弱性報奨金は、全ての組織にとって最適な手法ではなく、熟慮なしに開始すべきものではありませんが、1年経った今、正しい選択をしたと確信しています。