UberEATS: テクノロジーでより信頼性の高いサービスを

ENGLISH    |    JAPANESE

Uber では 1 年ほど前に、ボタンをタップするだけで料理をお届けするアプリの提供を開始しました。当時、約 1,000 店のレストランパートナーとともに、4 つの都市でUberEATS によるフードデリバリーを始め、現在では、ハワイ料理からイタリアンなど、世界で4万以上のレストランが UberEATS でお客様に料理を提供しています。

現在サービスを提供している 71 都市では、どこにいても簡単に料理を注文し、その配達状況を確認することができます。電話をしたり、注文した料理が今どこにあるのだろうか?と心配になることもありません。

レストランコミュニティの成長に伴い、選択肢が増え、その種類も多様になっています。Uber では、UberEATS が引き続き簡単で、信頼できるサービスであり続けるために、次のような機能を開発しています。

カスタマイズされたオススメを表示
UberEATS を開くと、食べたいものを簡単に見つけることができます。UberEATS では機械学習によって、過去の注文の内容や時間帯、配送場所などのコンテキスト情報に基づいて、お気に入りのレストランや 30 分でお届けできるもの、配達場所近辺で人気のメニューなどのオススメを表示します。

ニーズに合った料理を提供するためのフィルタリング
料理を簡単に検索することができます。時間や価格、食事制限など、条件を絞ってレストランを検索できます。例えば、30 分以内に届くグルテンフリーのメニューも簡単に見つけられます。料理の情報と平均的な準備時間に基づいて、ユーザーのニーズに合った時間にお届けできる料理を表示します。

 

受け取り場所の指定
ドアの前まで来てくれるのか、ロビーまでなのかなど、料理の受け取り場所に迷ったことはありませんか?実は、UberEATS で最も多いお届け先には、病院や公園などがあります。UberEATSでは、料理をどこに届けてほしいのかを正確に伝えることができます。家でもオフィスでも、はたまた公園で家族と一緒に過ごしていても、「あの角で料理を渡してほしい」「料理をドアの前まで届けてほしい」という具体的な情報を入力することができます。

配達状況の確認
配達状況が見られるので、注文した料理の状況を正確に把握できます。料理が準備できたのか、レストランから配達員が料理を受け取ったのか、配達中なのかをリアルタイムで見ることができます。UberEATS は、 Uber で培われたマッチングテクノロジーと、高いユーザーエクスペリエンスを誇るアプリデザインを、フードデリバリーサービスのために採用しています。


 

配達の予約
利便性という言葉は、時に計画性を意味することがあります。前もって計画を立てている人たちのために、料理を事前に予約できる機能を導入しました。1週間前から1時間前まで、届けてほしい時間帯を指定して注文ができます。翌週に予定している同僚の誕生会にケーキが必要な場合や、翌日のミーティング前に届けてほしい場合など、注文を予約すれば料理が届きます。

 

UberEATS のアプリがない場合、ウェブサイトの UberEATS.com から注文することも可能です。大きなスクリーンで見ると料理がさらに美味しそうに見えるかもしれません。そしてもちろん、Uber に乗車中に、UberEATS のアプリやウェブサイトを開いて、降車後何分で自分の食べたいパスタやサラダが届くかを知ることもできます。

Uber では、ユーザーの皆様が食べたい料理を、お望みの時間に食べられるように、テクノロジーを開発しています。そしてこれらの機能を皆様にお届けし、皆様の一日を少しでも快適に、そして少しでも楽しくハッピーなものにできることを願っています。

UberEATSについて
UberEATSは 2015 年 12 月に開始した世界 24 カ国 70 都市以上で展開するデリバリーサービスで、2016 年 9 月 29 日に東京でサービスを開始しました。ユーザーとレストラン・パートナー、配達パートナーの三者を Uber の革新的なテクノロジーで繋ぐことにより、最短時間で人気店の美味しい料理をお届けします。サービス開始時から提供エリアは約 4 倍以上となり、都内 9 区(渋谷区・港区・千代田区・中央区・新宿区・目黒区・品川区・世田谷区・中野区)の一部地域よりご注文いただけます。提供エリアはこちらからご覧ください。

Featured articles

Uber Newsroom へようこそ (目次)

各記事へはこちらのリンク集をご活用ください。