rideshare

Uber の忘れ物インデックス

飛行機やバス、電車、そしてUberのご利用時に忘れ物をしたことに気付き、パニックになったことはありませんか。Uber の乗車でも忘れ物が多く、その種類は多岐にわたります。今回、最も多い順にUberの忘れ物インデックス(米国版) を作成してみたところ、面白い発見がありました。鍵や充電器や財布などの、利用者がよく忘れるものから、驚くようなものまで含まれています。

米国ライドシェア保険と保険市場の拡大

Uberは2013年より米国でライドシェアのサービスを開始し、その後世界中のお客様に支持されています。ライドシェアに関して最大限の安全をご提供するため、アメリカでは配車リクエスト待ち、迎車中、乗車中のステータスに合わせて異なる保険が適用されます。

世界に広がるライドシェア

当初ハイヤーの配車から始まったUberのサービスは、現在66カ国、350都市以上に広がり、毎月の乗車回数は約1億回、アクティブなドライバーの数は110万人に及びます。ドアツードアの交通の新たな選択肢として、「ライドシェア」が世界中で爆発的な人気を得ています。

昨年、アメリカのコロラド州で初めてライドシェアサービスを運行するための法律が施行されて以来、各地で法律の制定が積極的に行われ、さらに拡大の一途を辿っています。各地域での進展をいくつかご紹介させていただきます。

全ては皆様の安全のために

Uberにとって一番大切なのは、ユーザーの皆様が安全に、安心して移動できることです。みんなのUberも例外ではなく、皆様の安全を担保できるよう様々な配慮をしています。

みんなのUberに登録済みの全運転者に対し、第三者機関による身元調査、運転履歴の確認、また適切な自動車保険が適応されることを確認しています。ただ、それだけではありません。万が一事故が起き、同乗者の損害額を運転者の自動車保険の適用では十分にカバーできない場合、Uberはその不足額を1億円まで同乗者にお支払いします。もちろん、この「安全のためのお約束」に関し、皆様には一切対価の要求は行いません。この制度によって、ライドシェアに同乗される皆様により安心してご利用いただければと考えています。