kyotango

京丹後市の「ささえ合い交通」ドライバー、 認知症サポーター養成講座に参加

Uber が ICT システムを提供している「ささえ合い交通*(運行はNPO法人 気張る!ふるさと丹後町)」のドライバーの方々 10 名が、京丹後市の認知症キャラバンメイト の協力の元、2017 年 2 月 7 日に京丹後市丹後町内で厚生労働省が推奨する「認知症サポーター養成講座」を新たに受講しました。これにより合計 13 名の「ささえ合い交通」のドライバーが認知症に関する知識や対応力を付けることになり、「認知症サポーター」として認知症の方がご乗車された際に、地域とも連携を取りながらより円滑なサポートを行えるようになりました。万が一何かがあった場合は、地域の相談窓口に相談し、いちがお園(介護施設) や地域包括支援センター、認知症安心サポート相談窓口、病院などに連絡を取り対応します。

今週のフレーバーは#UberIceCream

Helado. Aisukurīmu. Crème glacée. Sorvete. アイスクリームのいろいろな言い方はあれど、美味しさは世界共通です。季節、国境、文化を超え、世界中で愛されるアイスクリーム。皆様のご期待にお応えるべく、今年も1日限定で、Uberがアイスをお届けします。今年の#UberIceCreamは、7月15日に400都市以上で同時開催。皆様からのご注文をお待ちしてます!

ささえ合い交通がスタート: 出発式と記者発表会を開催

2016年5月26日(木)、京都府京丹後市にて、マイカーを活用した運送サービスである、 通称「ささえ合い交通」がスタートしました。Uberは、ICTシステムを提供することで、この取り組みをサポートしています。ささえ合い交通の開始にあたり、5月26日(木)に出発式と記者発表会が行われ、多くの方々が参加されました。