エイズ撲滅へ向けて行動しよう!

今年6 月、Uberは、エイズ撲滅を目指すHIV支援団体(RED)*が毎年飲食業界とタイアップして実施するキャンペーンEAT(RED) DRINK (RED) SAVE LIVESに参画しました。

本日の世界エイズデーで、Uberは再び(RED)と提携し、Uberでのご乗車を通じて、エイズ撲滅に貢献できるキャンペーンをグローバルで展開します。

(RED)は母子間のHIV感染を2020年までに世界から無くすことを目標に掲げています。エイズ撲滅の認知度を向上するため、Uber Japanでは本日限定でUberアプリのマップに表示される車を赤に変更します。

30セントの寄付で、エイズに感染した母親に必要な1日分の薬を提供することができます。エイズをこの世界から無くすための本活動に、ご賛同いただければ幸いです。

寄付はこちらから:http://t.uber.com/reddonate

何卒よろしくお願いします。

*(RED)は2006年、エイズ撲滅を目指してボノとボビー・シュライバーが設立した団体です。

English as follows:

—————————————————————————————-

Together, we can drive to a future without AIDS

Back in June Uber joined the EAT (RED) DRINK (RED) SAVE LIVES campaign to fight AIDS with (RED). This World AIDS Day, we’re partnering with (RED) and enabling riders to help drive towards an AIDS Free Generation.

(RED) has set their sights on eliminating mother-to-child transmission of HIV (MTCT) globally by 2020. On Tuesday, Dec. 1, around the world cars in-app will turn red to drive awareness around the cause.

Support the drive to an AIDS-free generation.

http://t.uber.com/reddonate

Your support helps deliver lifesaving medicine — which now costs as little as 30 cents a day — to a mother living with AIDS.