ささえ合い交通がスタート: 出発式と記者発表会を開催

2016年5月26日(木)、京都府京丹後市にて、マイカーを活用した運送サービスである、 通称「ささえ合い交通」がスタートしました。Uberは、ICTシステムを提供することで、この取り組みをサポートしています。ささえ合い交通は、道路運送法第78条第2号に基づく「公共交通空白地有償運送」制度を活用したもので、利用者はUberのスマートフォンアプリを通じて配車いただけます。同制度とICTシステムの組み合わせは、全国初の試みとなります。

ささえ合い交通の開始にあたり、5月26日(木)に出発式と記者発表会が行われ、多くの方々が参加されました。

Murakami-sama
ささえ合い交通の運行主体であるNPO法人 気張る!ふるさと丹後町の理事長である村上 正宏氏からは「京都府、京丹後市、Uber、そしてこれに賛同していただいた住民の皆さまのおかげで実現できるようになり、大変うれしく思います。始まったばかりの取り組みですので、温かい目で見守っていただき、ご支援、ご協力をお願いいたします」と、運行開始に向けたメッセージをいただきました。
その後、国土交通省近畿運輸局自動車交通部の金指和彦部長からは、「京丹後市には公共交通に関する豊富なノウハウがあり、関係者で連携して取り組むことで、このささえ合い交通が丹後町、京丹後市の皆さまのより豊かな生活につながることを祈念しております」という期待のお言葉をいただきました。
金指様

ほかにも、京都府副知事の城福健陽氏および京丹後市長の三崎政直氏、そしてUber Japan社長の髙橋からも祝辞がありました。

祝辞後は、ご当地キャラクターこっぺちゃんも参加し、盛大にテープカットが行われました。
Sasaeaikotsu

テープカット後には、初配車、初乗車が行われました。
User

地元の利用者、東 美好さん(84)が初配車リクエストを行いました。

記者発表会では、2名のドライバー、2名の利用者にも参加いただき、パネルディスカッションを行いました。以下、4名のコメントです。
panel discussion

(左から、坂田 基司さん(ドライバー)、吉井 友義さん(ドライバー)、東 美好さん(利用者)、池田 香代子さん(利用者))

ドライバー: 坂田 基司さん(66)
「職業運転手を定年退職し、ささえ合い交通の趣旨に感動し、ドライバーをすることになりました。始まったばかりですが、地元の方々にとって最高のシステムだと思う。ぜひみんなに大いに利用して、喜んでもらえることを期待しています。」

ドライバー: 吉井 友義さん(64)
「仕事の関係で長い間この地域を離れており、帰ってきたことを機に地域の皆さまに貢献したいと思い、参加しました。この地域はタブレットやスマホを使いこなす人が少ないので、各家庭に配付して、いろいろな情報を発信していけば、住民が便利に、元気になると思います。」

利用者: 東 美好さん(84)
「地域によって、タクシーがなくなった。バスも予約制だが、今回はタッチで呼べるので、いいシステムだ、というのが第一印象でした。タブレットの使い方はまだまだ老人には難しいので、ぜひ会合に何度も足を運んでいただき、利用を促進していってほしい。」

利用者: 池田 香代子さん(60)
「地域の皆様と一緒に体験型プログラムを提案しているのですが、地域の人が観光資源であると思っています。地域の皆さんが職業(仕事)を通しておもてなしをしているが、交通手段がなかった。これからは、(移動中も)おもてなしもできるし、市民のドライバーが温かくお客様を案内していただけるので、うれしく思います。」

ささえ合い交通のサポートを通して、Uberは、地域住民や観光客の利便性の向上や、持続可能な運行方法の確立に貢献し、地域経済の発展や観光立国実現へ寄与していきたいと思います。