Rides

プライバシー設定を一箇所にまとめ、使い勝手を向上

この度、プライバシー設定を新たに改良し、順次アプリ内の1か所で管理できるようにして参ります。これにより、Uber と共有する情報の選択肢と管理の幅が広がります。各管理機能には簡単な説明を表示し、ユーザーは情報がいつ共有され、どのように利用されるのかが把握できるようになります。

NPO法人 気張る!ふるさと丹後町が京都府京丹後市で運行する 「ささえ合い交通」が 1 周年を迎えました

NPO法人 「気張る!ふるさと丹後町」が運行する「ささえ合い交通」は、 Uber のアプリベースの ICT システムを活用した「公共交通空白地有償運送」として 、2017 年 5 月 26 日に運行開始してから 1 周年を迎えました。

「ささえ合い交通」は、京都府京丹後市丹後町という人口 5,392 人*で、そのうち 65 歳以上の高齢者が 4 割以上 の地域で運行しています。過疎化による人口減少により、公共交通サービスの継続が十分にできなくなり、そのため利便性の高い交通手段として地域の方々の足となるべく運行しています。テクノロジーを活用して地元の住民が既に保有する自家用車(マイカー)を有効活用することにより、新たな財源を投入する必要がなく、また地域住民が空いた時間に自らドライバーとして参加することにより、持続可能なサービスの確立を目指しています。

評価制度のアップデートについて

Uberでは、乗客とドライバーによる双方への評価を実施しています。これまでの5つ星の評価制度は、ユーザーの皆様にとって、より良いサービスの提供を支えてきました。しかし、ドライバーの方々からは、評価システムをより公平にするために、もっと多くのことに対応してもらいたいという意見がありました。このフィードバックを受け、この度、評価制度において2つのアップデートを実施しました。どちらも4月26日より全世界で順次展開されています。

インスタントペイ:一年間の施行を経て

自分のスケジュールに合わせて収入を得ることができる柔軟性は、Uber のドライバーパートナーにとって大きな魅力です。さらにその収入をいつでも引き出せる柔軟性を持たせることも必要と考え、約一年前にスタートしたのが「インスタントペイ」です。「インスタントペイ」は、いつでも、どこでも、ボタンを押すだけで簡単に Uber で稼いだお金を引き出すことができる便利な機能です。

いよいよゴールデンウィーク!海外旅行で役立つUber活用術

ゴールデンウィークが近づいてきました。この時期を海外で過ごされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。海外旅行では、言葉がわからなかったり、道が不案内だったりと移動自体が大きなストレスになることがあります。そのような移動のストレスを軽減したい方は、Uber を試してみてはいかがでしょうか。世界74か国450都市以上でご利用いただけるUberは、日本語で行き先と出発地点を指定して依頼ボタンを押せば、すぐに車が迎えに来て目的地に連れて行ってくれます。海外旅行の移動にぜひご利用ください。

Uber ドライバー・パートナー流おもてなし術

Uber のドライバー・パートナーは、それぞれ工夫してユーザーの方々に個性的な乗車体験を提供しています。狭い車内という空間を共有するにあたり、ご乗車いただく方々に移動時間を快適に過ごしていただけるよう、車内で楽しく会話できるような話のネタから音楽のプレイリスト、消臭アイテム、アメニティに至るまで様々な工夫を凝らしています。特にアメニティは、ドライバー・パートナーの個性がわかりやすいアイテムです。ドライバー・パートナーは、それぞれの体験の中から、ユーザーの方々がより楽しく、気分よくご乗車いただけるようユニークなものをセレクトしています。

定番のアメニティとしてミネラルウォーターやミント、ガムなどが提供されていますが、今回は米国のドライバー・パートナーが提供しているユニークなものをご紹介します。

Uber の忘れ物インデックス

飛行機やバス、電車、そしてUberのご利用時に忘れ物をしたことに気付き、パニックになったことはありませんか。Uber の乗車でも忘れ物が多く、その種類は多岐にわたります。今回、最も多い順にUberの忘れ物インデックス(米国版) を作成してみたところ、面白い発見がありました。鍵や充電器や財布などの、利用者がよく忘れるものから、驚くようなものまで含まれています。

データで見る交通プラットフォームがフランス経済に与える影響

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が発表した最近の調査によると、フランスでは過去4年間で、Uber のような交通プラットフォームが急速に発達し、新しい経済機会の創出や国家経済の全体的な拡大といった、フランス全体の経済に非常に大きな影響を及ぼしています。

「人」が目的地に。UberでSnapchatを楽しみながら友達に会いに行こう

先月、「行き先は?」というシンプルな質問をベースに再構成した新しいアプリを発表しました。目的地から始めることで、できるだけ早くそこへお連れし、さらにユーザーの皆様それぞれにとって最適な移動をご提供できるようになりました。Uber はユーザーがただどこかに行くだけではなく、誰かに会うためにその場所へ向かっていることが多いことに着目しました。そこで今回、2つの新機能を開発しました。。そこで今回、2つの新機能を開発しました。一つは連絡先に登録している人のところに直接 Uber で行けるようになること、そして二つ目はSnapchat (スナップチャット)のフィルター加工機能を使って乗車中に友達とSnapchatを楽しめるようになりました。もう色々とアプリを切り替える必要はありません。会いに行くまでの乗車をさらにお楽しみください。

Looking back on 2016 with Uber: Uber ユーザーの2016年

2016年にご愛顧いただいたドライバーやユーザーの皆さまに感謝を込めて、この1年を振り返ります。