Japan

いよいよゴールデンウィーク!海外旅行で役立つUber活用術

ゴールデンウィークが近づいてきました。この時期を海外で過ごされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。海外旅行では、言葉がわからなかったり、道が不案内だったりと移動自体が大きなストレスになることがあります。そのような移動のストレスを軽減したい方は、Uber を試してみてはいかがでしょうか。世界74か国450都市以上でご利用いただけるUberは、日本語で行き先と出発地点を指定して依頼ボタンを押せば、すぐに車が迎えに来て目的地に連れて行ってくれます。海外旅行の移動にぜひご利用ください。

テクノロジーを活用した次世代フードデリバリー UberEATS、サービスエリアを伝統と革新の街 銀座に拡張

Uber のテクノロジーを活用したフードデリバリーサービス「UberEATS (読み方:ウーバーイーツ)」 はこの度、サービスエリアを拡張し、伝統と革新の街 銀座に加え、丸の内・日本橋・京橋などのエリアを追加します。これにより、サービス開始時から提供エリアは約 4 倍以上となり、都内 9 区(渋谷区・港区・千代田区・中央区・新宿区・目黒区・品川区・世田谷区・中野区)の一部地域よりご注文いただけます。また、レストラン・パートナーは 500 店舗以上となり、明治 32 年(1899 年)創業の蕎麦屋「築地 さらしなの里」や創業 70 周年を迎える元祖カツカレー発祥として有名な洋食店「銀座 スイス」などといった、人気の高い老舗レストランの料理もご注文が可能になりました。

なお、これを記念して、対象エリアを配達先に指定されたご注文に対し、配送手数料が無料になる銀座エリア拡張特別キャンペーン「UberEATS meets GINZA キャンペーン」を実施します。

UberEATS、paymo(ペイモ)およびスペースマーケットと春の特別コラボキャンペーンを実施!

この度、4 月 6 日(木)- 5 月 31 日(水)の期間限定で、割り勘アプリ paymo(ペイモ)とスペースレンタルサービス スペースマーケットと「UberEATS 春の特別コラボキャンペーン」を実施します。UberEATSを活用したお花見や歓迎会、研修会、パーティーで、paymo のお支払いがお得になるポイントを獲得したりpaymoを友達同士で利用してよりお得に割り勘したり、スペースマーケットで空きスペースをお得に借りたりして、人気店の料理を様々な形でお楽しみください。

UberEATSでスイートなサプライズを。〜 UberEATS ホワイトデーキャンペーン 「#UberEATSホワイトデー」を実施!〜

この度、UberEATSでは、「#UberEATSホワイトデー」キャンペーンを実施しして、贈る相手の心を射抜くサプライズをお手伝い致します。3 月 13 日(月)- 3 月 14 日(火)の2日間の期間限定で、UberEATSアプリからホワイトデーにオススメの商品をお得にお買い求め頂けます。

「ワクワクを形にする女性のパッションで世の中をハッピーに」eggcellent(エッグセレント)オーナー 神宮司希望さん

今回 UberEATS では、「国際女性デー」を記念して、「eggcellent(エッグセレント)」のオーナーである神宮寺希望さんから、レストランオーナーやシェフを目指して頑張っている女性のみなさんに向けてメッセージをいただきました!

UberEATS のお得なプロモコードの使い方

UberEATSには、UberEATS を使ったことがないお友達を紹介することで、お得な割引クーポンをゲットできる機能があるのをご存知ですか?
すでにユーザーのあなたから招待されたお友達は 1,500 円引きのお得なご飯を食べられるだけでなく、あなたから招待されたお友達がそのクーポンを利用すると、利用者1名につき 1,500 円分の割引クーポンが紹介者のあなたにも付与されます。

今回はそんなお得なプロモコードの紹介方法と利用方法をまとめました。

京丹後市の「ささえ合い交通」ドライバー、 認知症サポーター養成講座に参加

Uber が ICT システムを提供している「ささえ合い交通*(運行はNPO法人 気張る!ふるさと丹後町)」のドライバーの方々 10 名が、京丹後市の認知症キャラバンメイト の協力の元、2017 年 2 月 7 日に京丹後市丹後町内で厚生労働省が推奨する「認知症サポーター養成講座」を新たに受講しました。これにより合計 13 名の「ささえ合い交通」のドライバーが認知症に関する知識や対応力を付けることになり、「認知症サポーター」として認知症の方がご乗車された際に、地域とも連携を取りながらより円滑なサポートを行えるようになりました。万が一何かがあった場合は、地域の相談窓口に相談し、いちがお園(介護施設) や地域包括支援センター、認知症安心サポート相談窓口、病院などに連絡を取り対応します。

Uberを通して「未来」を体感してもらう1年に

2017年が始まりました。Uberはアメリカ・サンフランシスコでサービスがスタートしてから7年目。また、日本でサービスを開始してから、4年目を迎えました。
2016年はUberにとって、国内でも海外でもまさに「進化の年」になりました。