Global

垂直離着陸機(VTOL)ネットワークの構築に向けて

Uber は、Uber Elevate Summit (2017 年 4 月 25 日から 27 日に米国テキサス・ダラスで開催)において、昨今急成長する都市の航空エコシステムを取り巻く主要企業および関連団体と、一連の提携を結んだことを発表しました。これにより、将来的には顧客がボタンひとつで都市内およびその周辺地域を高速で飛行移動ができる、新しいオンデマンド VTOL (Vertical Take-Off and Landing:垂直離着陸機)ネットワークの構築を目指します。この Elevate 構想における Uber の新たなパートナーとして、不動産企業をはじめ、航空機メーカー、電気自動車の充電器メーカー、自治体などが参加します。

いよいよゴールデンウィーク!海外旅行で役立つUber活用術

ゴールデンウィークが近づいてきました。この時期を海外で過ごされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。海外旅行では、言葉がわからなかったり、道が不案内だったりと移動自体が大きなストレスになることがあります。そのような移動のストレスを軽減したい方は、Uber を試してみてはいかがでしょうか。世界74か国450都市以上でご利用いただけるUberは、日本語で行き先と出発地点を指定して依頼ボタンを押せば、すぐに車が迎えに来て目的地に連れて行ってくれます。海外旅行の移動にぜひご利用ください。

UberEATS: テクノロジーでより信頼性の高いサービスを

Uber では 1 年ほど前に、ボタンをタップするだけで料理をお届けするアプリの提供を開始しました。当時、約 1,000 店のレストランパートナーとともに、4 つの都市でUberEATS によるフードデリバリーを始め、現在では、ハワイ料理からイタリアンなど、世界で4万以上のレストランが UberEATS でお客様に料理を提供しています。

レストランコミュニティの成長に伴い、選択肢が増え、その種類も多様になっています。Uber では、UberEATS が引き続き簡単で、信頼できるサービスであり続けるために、様々な機能を開発しています。

脆弱性報奨金制度(バグ・バウンティ)が1周年を迎えました

Uberでは数年間の非公開プログラムを経て、1年前に脆弱性報奨金制度を立ち上げました。脆弱性報奨金は、全ての組織にとって最適な手法ではなく、熟慮なしに開始すべきものではありませんが、1年経った今、正しい選択をしたと確信しています。

Uber ドライバー・パートナー流おもてなし術

Uber のドライバー・パートナーは、それぞれ工夫してユーザーの方々に個性的な乗車体験を提供しています。狭い車内という空間を共有するにあたり、ご乗車いただく方々に移動時間を快適に過ごしていただけるよう、車内で楽しく会話できるような話のネタから音楽のプレイリスト、消臭アイテム、アメニティに至るまで様々な工夫を凝らしています。特にアメニティは、ドライバー・パートナーの個性がわかりやすいアイテムです。ドライバー・パートナーは、それぞれの体験の中から、ユーザーの方々がより楽しく、気分よくご乗車いただけるようユニークなものをセレクトしています。

定番のアメニティとしてミネラルウォーターやミント、ガムなどが提供されていますが、今回は米国のドライバー・パートナーが提供しているユニークなものをご紹介します。

Uber の忘れ物インデックス

飛行機やバス、電車、そしてUberのご利用時に忘れ物をしたことに気付き、パニックになったことはありませんか。Uber の乗車でも忘れ物が多く、その種類は多岐にわたります。今回、最も多い順にUberの忘れ物インデックス(米国版) を作成してみたところ、面白い発見がありました。鍵や充電器や財布などの、利用者がよく忘れるものから、驚くようなものまで含まれています。

データで見る交通プラットフォームがフランス経済に与える影響

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が発表した最近の調査によると、フランスでは過去4年間で、Uber のような交通プラットフォームが急速に発達し、新しい経済機会の創出や国家経済の全体的な拡大といった、フランス全体の経済に非常に大きな影響を及ぼしています。

世界中のマンチェスター・ユナイテッドファンとともに

本日、世界中にファンがいるマンチェスター・ユナイテッドと Uber とのグローバル スポーツ パートナーシップを発表できることを嬉しく思います。ホームスタジアムがあるオールド・トラフォードで Uber 専用スペースの設置により、試合当日にスムーズに乗り降りできるだけでなく、今後数ヶ月にわたって、Uber を通じて世界30カ国以上のファンがマンチェスター・ユナイテッドをより近い存在に感じられるような体験を提供していきます。

Movement で都市づくりに貢献

この度、Uber が保有する交通データを利用できるウェブサイト Movement を公開します。これにより、都市計画に携わる方々が、その都市の交通データに基づいて意思決定ができるようになります。

「人」が目的地に。UberでSnapchatを楽しみながら友達に会いに行こう

先月、「行き先は?」というシンプルな質問をベースに再構成した新しいアプリを発表しました。目的地から始めることで、できるだけ早くそこへお連れし、さらにユーザーの皆様それぞれにとって最適な移動をご提供できるようになりました。Uber はユーザーがただどこかに行くだけではなく、誰かに会うためにその場所へ向かっていることが多いことに着目しました。そこで今回、2つの新機能を開発しました。。そこで今回、2つの新機能を開発しました。一つは連絡先に登録している人のところに直接 Uber で行けるようになること、そして二つ目はSnapchat (スナップチャット)のフィルター加工機能を使って乗車中に友達とSnapchatを楽しめるようになりました。もう色々とアプリを切り替える必要はありません。会いに行くまでの乗車をさらにお楽しみください。