自動運転

トロントから変える交通の未来

この度、 Uber はトロント大学の准教授であり、機械知覚および人工知能の分野における世界有数の研究者の 1 人である、Raquel Urtasun (ラケル・ウルタスン)を Uber に迎えることとなりました。

Uberを通して「未来」を体感してもらう1年に

2017年が始まりました。Uberはアメリカ・サンフランシスコでサービスがスタートしてから7年目。また、日本でサービスを開始してから、4年目を迎えました。
2016年はUberにとって、国内でも海外でもまさに「進化の年」になりました。

自動運転車、ピッツバーグに登場

1年半前、Uber は アドバンスド・テクノロジー・センター (ATC) をピッツバーグに立ち上げました。自動運転車版 Uber を現実のものとするのは ATC の使命であると思っています。本日、世界で初めて自動運転車版 Uber がスチール・シティ(ピッツバーグ)の路上を走行することを発表します。

「交通」の未来を考える

このたび、Uber による Otto 社の買収を発表できることをとても嬉しく思います。Otto 社は 90 名以上を擁する技術系スタートアップ企業です。同社は「交通の未来を考える」をミッションに掲げており、まずはトラックの自動運転に着手しています。Otto 社の共同設立者である Anthony Levandowski(アンソニー・レヴァンドウスキー)は、私の直属として、サンフランシスコ・パロアルト・ピッツバーグで個人輸送や配達、トラック輸送の自動運転事業を担当します。