テクノロジー

UberEATS: テクノロジーでより信頼性の高いサービスを

Uber では 1 年ほど前に、ボタンをタップするだけで料理をお届けするアプリの提供を開始しました。当時、約 1,000 店のレストランパートナーとともに、4 つの都市でUberEATS によるフードデリバリーを始め、現在では、ハワイ料理からイタリアンなど、世界で4万以上のレストランが UberEATS でお客様に料理を提供しています。

レストランコミュニティの成長に伴い、選択肢が増え、その種類も多様になっています。Uber では、UberEATS が引き続き簡単で、信頼できるサービスであり続けるために、様々な機能を開発しています。

脆弱性報奨金制度(バグ・バウンティ)が1周年を迎えました

Uberでは数年間の非公開プログラムを経て、1年前に脆弱性報奨金制度を立ち上げました。脆弱性報奨金は、全ての組織にとって最適な手法ではなく、熟慮なしに開始すべきものではありませんが、1年経った今、正しい選択をしたと確信しています。